スター

望海風斗が聖火ランナーに!?いつどこを走る?日にちと場所(ルート)が知りたい!

雪組トップスターの望海風斗さんが2020年東京オリンピックの聖火ランナーの1人に選ばれました!

日本全国を駆け抜ける東京オリンピックの聖火ですが、望海風斗さんが聖火を持って走るのは、いつ、どこなのかが気になります。

今回は、望海風斗さんが聖火ランナーとして走る場所や日にちなどを見て行こうと思います。

さっそく始めましょう!

2020年東京オリンピックの聖火リレー

2020年東京オリンピックの聖火は3月12日にギリシャ古代オリンピア市にて聖火採火式で点火され、ギリシャ国内をリレーしたあと日本に到着します。

3月26日に日本のスタート地点である福島県を出発し、47都道府県を回ったのち、7月24日のオリンピック開会式にメイン会場である国立競技場へ運ばれる予定になっています。

今回、聖火ランナーとして望海風斗さんが選出されましたが、「聖火ランナーにふさわしい人」として挙げている3つの条件がこちら。

①日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支え合って、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人

②様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人

③ランナーとして走ることで、地域の一体感を高め合うことができる人

この条件を満たす人ということで、東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会から選出された望海風斗さん。

1宝塚ファンとして嬉しい限りです!

望海風斗さんは聖火ランナーを行うにあたり、このようにコメントしています。

横浜市で生まれ育ち、現在は宝塚歌劇団雪組のトップスターを務めて います。横浜で育った誇りを胸に聖火ランナーとして走りたいと思います。

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会情報サイト より

神奈川県では68人の聖火ランナーが選出されていて、加山雄三さん、草笛光子さん、谷原章介さん、つるの剛士さん、出川哲郎さん、稲垣啓太さんなど著名人が大勢います。

この他に、一般公募で決まったランナーたちも走るようです。

続いて、望海風斗さんが聖火ランナーとして走るルートや時期について予想してみたいと思います。




望海風斗が聖火ランナーとして走るのはどこ?

望海風斗さんは、聖火ランナーとしてどこを走るのでしょうか。

望海さんを聖火ランナーとして選出したのは、「東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会」ですので、走る場所は【神奈川県】です。

望海さんの出身地ですね。

神奈川県は47都道府県のリレーの中で43番目にあたる県。

神奈川県のリレーの期間は3日間です。

では、神奈川県で行われる聖火リレーのルートを見てみましょう。

東京オリンピック公式HPより

1日目(赤):箱根町、伊勢原市、小田原市、大磯町、平塚市、茅ケ崎市、藤沢市

2日目(茶):三浦市、横須賀市、鎌倉市、海老名市、厚木市、相模原市

3日目(ピンク):川崎市、横浜市

さて、望海さんがどこを走るのか気になります!

しかし、現時点では聖火ランナーがどこを走るのかという情報は発表されていません。

あくまで予想ではありますが、おそらく望海さんの出身地である【横浜市】が有力なのではないでしょうか。




望海風斗が聖火ランナーとして走るのはいつ?

もし、望海風斗さんが走るのが横浜市だったと仮定した場合、横浜市を聖火ランナーが走るのは3日目。

2020年7月1日(水)です。

時間はルートにより異なりますが、もっとも早くて12:10、もっとも遅くて19:48頃となっています。

1人のランナーが走る距離は200m、時間にすると約2分。

1日に80~90人が聖火をつないでいくそうです。

東京オリンピック公式HPより

ルートは主に海沿いのコースがメインのようです。

東京オリンピック公式HPより




まとめ

ここまで聖火ランナーになった望海風斗さんが走る神奈川県の聖火リレールートや日にちについて見てきました。

まとめると・・・

◆望海風斗は2020年東京オリンピックの聖火ランナーに選出。

◆走るのは神奈川県内で2020年6月29日~7月1日のいずれか

◆出身地である横浜市内を走る可能性が高く、7月1日が有力と考えられる

◆走る距離は約200mで時間は約2分。

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪
ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村