スター

【月城かなと】トップ就任は2021年!?ひょうきんな性格と相手役が気になる!

月組の2番手男役スター・月城かなとさん。

美しい容姿と品のある立ち姿で、高い人気を誇るスターさんです。

2019年は怪我により長く休演していましたが、本格的な復帰公演となった『I AM FROM AUSTRIA』では、2番羽根を背負って階段を降りてくる姿に安堵したファンは少なくないでしょう。

そんな月城さんですが、トップスターへの期待は高いです。

現在のポジションと人気から考えると、そう遠くない将来にトップスター就任となっても不思議ではありません。

そこで、今回は月城さんがトップスターに就任する時期や気になる相手役を予想してみようと思います。

さっそく始めましょう!

月城かなとの意外な性格

月城かなとさんを初めて観たときは、その美しさに思わず二度見してしまいました。

二枚目でクールな役が似合う、とにかくかっこいい男役さんですが、月城さんの魅力はそれだけではありません。

へたれ役からちょっと嫌なヤツまで、役の幅が広く、演技力やスター性、立ち姿、品格など宝塚の男役として求められる多くの要素を持っていると言えるでしょう。

月城さんは、真面目で誠実な性格のようです。

お茶会に参加したファンたちは、実際にファンの言葉に熱心に耳を傾け、質問にも丁寧に答える月城さんの姿を見ているでしょう。

そんな月城さんですが、見た目の美しさとギャップのある性格にハマる人が続出しているようです。

そのギャップとは、ひょうきんでかわいらしい一面があること。

あの美貌でひょうきん!?

なかなか想像がつきませんね。

そもそもの発端は月組の先輩・美弥るりかさんとのやりとりの中で【ひょうきん犬】と名付けられたことだとか。

美弥さんに「ひょうきん犬」と言われ、反射的に犬のしぐさになってしまう月城さんがかわいすぎるとじわじわファンの間に広がっていったようです。

さらに、2019年1月~3月まで『歌劇』えと文を担当していた月城さん。

「想像以上にユーモアがあって、イメージが変わった!」

「文才がある!頭いいんだなぁ」

など、読者は月城さんの新たな一面に触れる機会となったようです。




月城かなとはがトップになるなら2021年!?

『I AM FROM AUSTRIA』では、2番羽根を背負って大階段を降りてきたことが話題になりました。

月組の2番手としてポジションを確実にした月城さんですが、このまま順当にいけば次期トップスターになるのでは?と考えているファンが多いですね。

さて、月城さんが次期トップスターになると仮定した場合、その時期が気になります。

現トップスター・珠城りょうさんの後任としてトップに就任することになるでしょうが、個人的には珠城さんの退団時期は2021年ではないかと考えています。

珠城さんは、2016年10月にトップスターに就任。

一般的なトップスターの在任期間は約3年と言われている中、珠城はすでい3年半経ちました。

2020年12月の宝塚カレンダーに掲載されていますので、2020年中の退団はないことになりますから、おそらくは2021年でしょう。

さらに、4月26日発売の『宝塚おとめ』2020年版の表紙を飾っていますので、より2021年に退団する可能性が考えられます。

2番羽根を背負った月城さんが次期トップスターにならないという可能性は、皆無ではないにしろ、低いのではないかと考えています。

よって、月城さんがトップスターに就任するのは2021年が有力ではないでしょうか。




月城かなとの相手役

あくまで想像の域を出ない話ですが、月城さんがトップスターに就任する場合、気になるのは「相手役は誰?」ということではないでしょうか。

ファンの間では、すでに月城さんの相手役について色々な意見があるようですが、可能性がある娘役は・・・

【月組】

◆海乃美月(97期)
◆天紫珠李(101期)
◆結愛かれん(101期)
◆蘭世惠翔(102期)
◆きよら羽龍(104期)

【他組】

◆宙組・夢白あや(103期)
◆花組・都姫ここ(104期)

トップ娘役の人事は男役と違い、予想することは難しいですね。

海乃さんは実力のある娘役さんですが、月城さんと2学年差ということで科の末井は低いでしょう。

天紫さんは、新人公演と東上公演で1回ずつヒロインを経験しています。

月城さんと同じように目鼻立ちのはっきりした顔立ちですので、華やかなコンビになりそうですね。

結愛かれんさんは、かわいらしい娘役さんですが2017年以降ヒロインがないのが気になります。

蘭世惠翔さんは、男役から娘役に転向しましたが身長差が月城さんとは2cm差というのが多少気になりますが、話題性やコンビとしての美しさはピカイチでしょう。

きよら羽龍さんは美しい顔立ちで、ファンから推されている印象です。

104期でまだヒロイン経験はありませんが、今度の役つきによっては可能性があるのではないでしょうか。

他組で可能性があるのは、夢白あやさんと都姫ここさんあたりでしょうか。

ただ、月組の中でかなり相手役候補がいると思いますので、あえて組替えしてまで・・・という可能性は、それほど高くないのではないかと考えています。




まとめ

ここまで、月城かなとさんの意外な性格とトップ就任時期や相手役について予想してみました。

まとめると・・・

◆月城かなとは月組の2番手スター。

◆宝塚の男役として求められる多くの要素を持っており、人気の高いスター。

◆性格は真面目で誠実だが、一方かわいらしく、ひょうきんな一面もあり、ギャップがたまらないというファンが多い。

◆月組の次期トップスターに就任するとすれば、2021年の可能性が高い!?

◆相手役の候補として考えられる娘役は月組や他組に多数。

宝塚ファーストフォトブック[本/雑誌] 2019 月城かなと DVD付き (タカラヅカMOOK) / 宝塚クリエイティブアーツ

価格:1,900円
(2020/3/3 23:43時点)
感想(0件)

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪
ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
関連記事