スター

真風涼帆&星風まどかの退団時期と発表はいつ?宙組次期トップを予想!

トップスターになると、必ず意識されるのは【退団】のこと。

ファンにとっても、ご贔屓スターがトップスターになることは嬉しい反面、必ず訪れる【その時期】へのカウントダウンは始まった瞬間でもあるのです。

嬉しさと同時にハラハラしてしまいますね。

きりん。
きりん。
今回は真風涼帆さん&星風まどかさんの退団時期について
すみれさん
すみれさん
考えたくないけど、心の準備も必要ですし( ゚Д゚)

真風涼帆の退団時期はいつ?

真風涼帆さんは2017年11月、宙組トップスターに就任しました。

通常、トップスターの任期は約3年が一般的ですので、2020年11月で就任から丸3年になります。

お披露目公演は2018年1月でしたので、そこから計算すると2021年1月で丸3年。

このことから考えると2020年後半~2021年前半には退団の可能性が高いと考えるのが一般的でしょう。

しかし、2020年中の退団の可能性はまずありません。

すみれさん
すみれさん
え?どうしてですか?
きりん。
きりん。
それは2020年の宝塚カレンダーの掲載月を見れば理由が分かりますよ♪

2020年のカレンダーで真風涼帆さんが掲載されている月は、1月と10月でした。

退団後に掲載されることはまずありませんので、真風さんは2020年10月にも宝塚歌劇団に在籍していることが分かります。

すみれさん
すみれさん
へー!カレンダーって翌年の宝塚を予想できちゃうんですねっ!

このことから、退団時期は2020年10月以降だと推測されますが、2020年の宙組公演は、8月30日に東京公演の千秋楽をもって終わりとなりますので、この公演での退団は考えられませんね。

可能性があるとすれば、それ以降の公演です。




トップスターの退団発表の時期

トップスターが退団を発表する時期は、宝塚大劇場公演の千秋楽のあとが一般的です。

今後上演される宙組大劇場公演の千秋楽は・・・

◆2019年12月15日
◆2020年7月13日
◆2021年2月初旬(予定)

2020年の後半に退団となる場合は、退団発表は2020年7月14日あたりですが、上記の理由から、その可能性はないでしょう。

となると、退団時期は2021年以降です。

2021年2月初旬に千秋楽を迎える公演での退団となる場合、 2020年7月13日の千秋楽のあとに退団発表があると考えられます。

この時期に発表がない場合、さらに先の作品で退団となるでしょう。




相手役・星風まどかと同時退団となるのか?

相手役の星風まどかとは、真風涼帆と同時にトップ就任ですので、同時退団の可能性が高いのでは?とつい先日まで考えていました。

しかし、状況が変わり、同時退団の可能性はそう高くないのではと思うようになりました。

星風さんの退団時期は2020年で、真風さんは2人目の相手役を迎える可能性もあると考えています。

真風さんが当初の予定より長期になる可能性が考えられるからです。

2018年、トップ就任2年目でスポンサーがついたことも大きいと言えます。

同時就任となったトップコンビに対し、ファンも添い遂げ退団を望む声は高いでしょう。

わたくし、きりん。もそう思っていたのですが、少し考えを変えました。

ただ、現在2番手の芹香斗亜も長年2番手で「いつになったらトップになるの?」という声が少なからず聞こえてきますから、真風さんの退団が延びるといってもさらに2年3年ということはないでしょう。

勝手な予想ですが、プラス1年くらいが限界ではないでしょうか。




宙組次期トップコンビを予想!

少し先の話ですが、宙組次期トップコンビはどうなるのか考えてみたいと思います。

男役トップスターは?

次期・男役トップスターは、順当にいき現在の宙組2番手である芹香斗亜でほぼ間違いないでしょう。

芹香さんは2015年、花組『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』で2番手に就任し、宙組へ移動。

現在にいたるまで、長い間2番手をしています。

「長すぎるのでは?」とファンからも声が上がっているほどです。

新人公演の主演回数も4回と文句なしの経歴を持っていますし、劇団側も早いうちから将来のトップ候補として育ててきているはずです。

仮に、真風さんの退団が2021年とすると芹香さんは入団15年目。

そこから平均就任期間である3年間、トップスターを務めるとなると、2024年頃まで。

入団18年目となります。

娘役トップスターは?

芹香斗亜さんの相手役としてもっとも有力なのは、夢白あやさんではないでしょうか。

新人公演2回、バウホール1回、ヒロインを経験し、実力のある娘役として注目されています。

2017年に入団していますので、2021年で入団5年目。

それまでにバウホールや東上のヒロインの経験が増えていけば、さらに可能性は高いでしょう。

しかし、忘れてはいけないのが天彩峰里さんの存在です。

星風さんが添い遂げ退団ではないと仮定した場合、真風さんの2人目の相手役として可能性が高いのは天彩さんではないでしょうか。

真風さんの退団時期によりますが、2021年に退団の場合、天彩さんと同時退団の可能性は少ないかもしれません。

そうすると、芹香さんとコンビを組まれて、しばらくして天彩さんは退団という可能性も出てくるかもしれませんね。

あくまで、予想ではありますが・・・。

引き続き、今後の宙組に注目していきたいと思います。




まとめ

きりん。
きりん。
ここまで真風涼帆さんの退団時期と次期トップスターについて考えてきました

まとめると・・・

真風涼帆の退団は2021年の可能性が高い

◆退団発表があるのは大劇場公演の千秋楽のあと

・2020年7月13日のあと発表があれば2021年2月初旬に退団

◆相手役・星風まどかとの同時退団の可能性は以前より低いと考えられる

◆次期トップコンビは芹香斗亜&夢白あやは最有力!?

◆星風まどかが真風涼帆より早く退団した場合、天彩峰里が相手役になる可能性も。

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪
ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村