スター

【礼真琴】子役時代と性格が超かわいい!父と本名・年齢は?

星組新トップスターに就任する礼真琴さん。

ダンス・歌・芝居と3拍子そろった実力派男役として下級生時代から注目を集めてきました。

今回は、有名人の父を持つ礼真琴さんの華麗なるプロフィールと宝塚に入る前に行っていた芸能活動(子役時代)についてまとめます!

さっそくはじめましょう!

礼真琴プロフィール

礼真琴さんのプロフィールを見てみましょう。

礼真琴の本名・年齢・父・出身校は?

本名 浅野琴(あさのこと)
誕生日 12月2日(1990年)
家族 父、母、姉、弟
元サッカー日本代表、現WYVERN U22監督&WYVERN FCサブダイレクター
出身 東京都江戸川区
出身校 東海大学付属浦安高等学校

お父さんは元サッカー日本代表の浅野哲也さん

音楽学校時代からの愛称「琴ちゃん」は本名から由来しているので、本名は【浅野琴】さんで間違いないでしょう。

礼さんが宝塚を初めて観たのは2005年の星組公演『龍星』

当時15歳という記述があるので、逆算すると年齢が分かります。

1990年生まれで間違いないでしょう。

出身校である東海大学付属浦安高等学校は千葉県浦安市にある中高一貫校です。

スポーツに力を入れていて、プロ野球選手や柔道選手を多く輩出しています。

東海大学付属浦安高等学校から宝塚音楽学校に入学したのは、現時点では礼真琴さん以外にはいないようです。




礼真琴の身長・血液型・愛称・性格・特技は?

身長 170cm
血液型 0型
愛称 まこっつあん、こと、こっちゃん
性格 明るい、人懐っこい、下級生から慕われる、ストイック、本番前は人が思う以上に緊張する
趣味 ドライブ、舞台・映画鑑賞
集めているもの 脳トレアイテム
好きな色 ゴールド、黒、赤
好きな食べ物 辛いもの、餃子、らーめん、みたらし団子
特技 槍を頭上で振り回すこと、餃子包み
好きな映画 『名探偵コナン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』

礼真琴さんの公式発表されている身長は170cm。宝塚に入団した当初は160cm代のように見えていたのですが、途中から伸びたようですね。

一部では、身長詐称疑惑とも噂されていますが、『霧深きエルベのほとり』を観たとき、「なんか身長高くなってる?」と思った記憶があるので、本当に伸びた可能性もありますね。

運動していると、大人になっても身長が伸びることがあるらしいので、羨ましい限りです。

性格は、下級生から憧れの的で、慕われるような一面が数多くあるようです。

『TAKARAZUKA SKY STAGE』で放送された96期の和希そらさんとのトーク番組『スカイステージ・トークリクエストDX』のゲストとして登場した礼さんは、和希さんと音楽学校時代のエピソードで盛り上がっていてとても楽しいトークでした♪

宝塚音楽学校のときから礼さんは一目を置かれる存在だったことが分かりますね。

さらに、常に堂々として素晴らしい技術を持ち合わせている礼さんですから、周りの人には緊張しないタイプだと思われがちのようですが、本番前はすごく緊張するタイプのようです。

和希さんがタカラヅカ・スペシャルで初共演したときに、袖でものすごい緊張している礼さんを見て驚いたというエピソードを披露していました。

特技は、餃子を包むのがとても上手だそうですよ。

また、『パイレーツ・オブ・カリビアン』が好きで一時期は本気で海賊になりたかった礼さん。

でも、予科生の頃、同期の瀬央ゆりあさんを誘って映画館に観に行ったはいいものの、睡眠不足だったため着席と同時に2人とも爆睡。

礼さんは映画終盤のクライマックスで起きたのに、号泣。

瀬央さんはエンドロールで起きたようです。

予科生時代は常に睡眠不足気味だったようですから、せっかくの『パイレーツ・オブ・カリビアン』も睡魔には勝てなかったというかわいいエピソードがあるようです。




礼真琴の成績・経歴・芸名の由来は?

さて、宝塚に入団してからの礼真琴さんは、とにかく優秀でスター揃いで期待の高かった95期の中でも右に出るものはいないという逸材でした。

入団時の成績 1位(45人中)
初舞台 2009年宙組「薔薇に降る雨/Amour それは…」
新人公演 主演3回 『ロミオとジュリエット』『眠らない男・ナポレオン』『黒豹の如く』
バウ主演 『かもめ』『鈴蘭-思い出の淵から見えるものは-』
東上主演 『阿弖流為-ATERUI-』
全国ツアー主演 『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』
全国ツアーヒロイン 『風と共に去りぬ』
芸名の由来 尊敬する先輩・柚希礼音さんから1文字もらい、本名から1文字
CM 菓匠三全「萩の月」

新人公演主演3回は95期の中で柚香光、月城かなとと並び1番多い回数です。

また、入団後も試験の成績は常に1位でした。

人気、実力ともに備わっているトップスターとして今後の活躍がさらに注目されそうですね。

また、礼さんは『萩の月』のCMにも出演しています。

代々、宮城県出身のタカラジェンヌが務めてきましたが、礼さんは宮城出身ではありませんが起用されました。




礼真琴の子役時代

礼さんは宝塚音楽学校に入学する前、本名である「浅野琴」で芸能活動をしていたようです。

所属はジャズダンスジュエル子役芸能養成所だったようで、2002年に博品館劇場で上演されたファミリーミュージカル『ココスマイル3~虹色のメロディ~』にも出演しているようです。

映画『博士の愛した数式』では生徒役で出演している貴重な動画を見ることができます。

当時から身長の高さが分かりますね。

さらに、ベビースターのCMにも出演!

右が礼さんですね




まとめ

ここまで礼真琴さんのプロフィールとかわいい子役時代を見てきました。

今でこそ、舞台ではバリバリの男役でかっこいい礼さんですが、かわいい一面をたくさん持ち合わせた魅力的な方です。

星組トップスターに就任後も、その実力とスター性が今から楽しみでなりません。

まとめると・・・

◆礼真琴の本名は浅野琴さん。

◆父は元サッカー日本代表・浅野哲也さん。

◆宝塚音楽学校に入学前は浅野琴の名前で芸能活動をしていた。

◆出演したのはミュージカル、CM『ベビースター』、映画『博士の愛した数式』など

◆本番前は緊張するタイプで、餃子作りが得意

◆音楽学校時代から下級生に憧れられる存在だった

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』では礼さんの舞台作品や楽しいトークが満載!スカパーは初月無料!気軽にお試しできますよ♪



ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村