スター

【瀬央ゆりあ】2番手やトップの可能性は?星組の今後を知りたい!

星組男役スターの瀬央ゆりあさん。

『龍の宮物語』の評判がよく、演技派としても知られる瀬央さんですが、今度星組で2番手あるいはトップに就任する可能性はないのでしょうか?

今回は、瀬央ゆりあさんの今後を考えてみます。

さっそく始めましょう!

瀬央ゆりあについて

まずは、ざっくりと瀬央さんのプロフィールを見てみましょう。

芸名 瀬央ゆりあ(せお ゆりあ)
誕生日 6月15日
出身地 広島県広島市
出身校 広島女学院高等学校
身長 172cm
愛称 せおっち
初舞台 2009年宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」
入団時成績 40番(45人中)
新人公演主演 1回『ガイズ&ドールズ』
バウホール主演 2回『デビュタント』『龍の宮物語』(+W主演1回)
東上主演 なし

 

星組で活躍している瀬央さんですが、入団時の成績は45人中40番と振るわなかったのが意外ですね。

新人公演主演は、研7のラストチャンスでつかみました。

同期の礼真琴が下級生時代から目立つ存在でしたので、「影に隠れてしまっている」と感じるファンの方も少なくないかもしれません。

しかし、礼さんが首席入学。

個人的には礼さんの影に隠れているというより、よく40番から巻き返して路線スターと言われるまでになったな…と感じます。




瀬央ゆりあは次期2番手のはずだった?

紅ゆずるさんが退団を発表し、次期トップスターに礼真琴さんが就任することが分かった時点から、多くのファンは「2番手は誰?」と予想合戦が始まっていました。

その中で「せおっちじゃないの?」という意見が少なからずありました。

おそらく、そのような考えも候補の1つとしてあったかもしれません。

個人的には、同期でトップ2番手というのは、仮にあっても暫定的と考えていましたが、その考えも、専科から愛月ひかるが組替えすることが発表され消えました。

しかし、愛月さんの落下傘は正直意外なものであり、急転直下感が否めません。

おそらく、瀬央ゆりあを2番手にするという考えが実現できなかった何かしらの理由があるのではないでしょうか。

愛月ひかるの星組異動が前々から計画されていたことなのであれば、専科に異動して1年も経たずに再び組替えという事態にいささか不自然さを感じます。

2019年2月の星組全国ツアー(礼真琴主演)『アルジェの男』にも出演している愛月さんですが、宙組からそのまま組替えすることもできたはず。

ただ、路線の愛月さんが突然自分より下級生の礼さんの下につくことはできなかった可能性もありますが…。(現状は同じなのですが)




瀬央ゆりあは2番手になれるのか?

では、瀬央さんは星組で2番手になることができるのでしょうか。

現在の星組は番手が分かりにくいですが、瀬央ゆりあが3番手ということはほぼ確定しています。

トップスター 礼真琴
2番手 愛月ひかる
3番手 瀬央ゆりあ

 

おそらくしばらくの間はこの体制で行くのではないかと思われますが、長期と予想される礼真琴さんの星組は今度色々と変化していくでしょう。

ポイントは愛月ひかるさんがどこまで2番手を務めるかということ。

星組は全体的に若いイメージですので、中堅スターが育つまではおそらく愛月さんが星組を支えるでしょう。

その中で瀬央さんが愛月さんを越えて2番手になる可能性は低いでしょうから、その間は2番手は難しいと言わざるを得ません。

今後、愛月さんがトップにならずして退団、または再び組替え(そんなことあるのか…)ということがあれば可能性としては出てくるかもしれませんね。




瀬央ゆりあはトップになれるのか?

続いて「瀬央さんがトップになるのか?」についてですが、星組は礼さんが長期でトップスターを務めた場合、中堅スターたちが育ってくることが考えられます。

新人公演主演をしている路線スターは以下の通り。

◆綺城ひか理(97期・1.5回)
◆天華えま(98期・3回)
◆極美慎(100期・1回)
◆天飛華音(102期・1回)

※(期・新人公演主演回数)

礼さんが仮に4年トップを務めたら礼さん、瀬央さんともに入団15年目。

入団15年目でのトップ就任はもちろん過去にもありましたが、礼さんがトップを務める間に、上記のスターたち、あるいは他組からトップ候補が組替えという可能性が充分に考えられます。

トップスターにまで上り詰める可能性は、現段階では低いかもしれません。




瀬央ゆりあと星組の今後

冒頭にも書きましたが、入団時成績が40番だった瀬央ゆりあさん。

現在活躍してる95期である柚香光、礼真琴、水美舞斗、月城かなと、朝美絢、桜木みなとと比べると、少々水を開けられた形で入団しているにも関わらず、むしろ入団後の活躍は目ざましいものがあるという印象です。

容姿、演技力など、声質…。

瀬央さんの魅力は学年が上がるにつれ、ますます磨かれているように感じますので、個人的にはトップスター云々ではない部分で瀬央さんの魅力を存分に発揮できるのではないかと思います。

今後、長期的視野に立てば、別格スターとして星組を支えていく可能性も考えられますし、大きな力になることは間違いないでしょう。

同期の礼さんとの並びも好きというファンも多いでしょうから、今後も星組で活躍する姿に注目していきたいと思います。




まとめ

ここまで瀬央ゆりあさんと星組の今後について見てきました。

まとめると・・・

◆瀬央ゆりあは2009年初舞台の95期。

◆新人公演主演1回、バウホール主演(単独)2回を経験している星組3番手。

◆2番手になる可能性は、愛月ひかる次第。

◆トップスターになる可能性は現段階ではそう高くない。

◆同期の礼真琴を支える別格スターとしても活躍の道は多くあると考えられる。

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪
ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
関連記事