スター

【礼真琴】ダンス&歌うますぎは本当か?歌唱力と評判が知りたい!

星組トップスター・礼真琴さん。

入団時成績は首席で、早い段階から実力派男役として注目を浴びる存在でした。

今回は実力派と言われる礼さんのダンス・歌唱力は「どれほどのものなのか」改めて知りたくなり、見て行こうと思います。

さっそく始めましょう!

礼真琴の軌跡と実力

下級生時代から多くの注目を集め、目立つ役や新人公演主演に何度も抜擢された礼さん。

一体どれだけの実力の持ち主で、そのような道を歩んで今に至るのでしょう。

入団前と宝塚音楽学校

礼さんは、宝塚音楽学校に入学する以前にも子役としてCM、映画、舞台で活動をしていたようです。

礼さんはスターの宝庫と呼ばれる95期生出身で、中でも常に一目を置かれる存在だったようです。

同期からは「当時から、何でもできた」と言われるほど、その実力は際立っていたのでしょう。




下級生時代

入団は憧れの大先輩・柚希礼音さんのいる星組へ配属。

礼真琴さんの「礼」は、尊敬する柚希さんから一文字もらったというエピソードは有名ですね。

まず、最初に注目されることになったのは研2にしてCD『14covers TAKARAZUKA OTOKOUTA』で1曲歌うことになった礼さん。

まだまだ知名度は低かったものの槇原敬之さんの『どんなときも』のカバーを聞いたファンからは「すごい新人が出てきた!」と思った人も少なくないのではないでしょうか。

やはり、研2で数多くの先輩と肩を並べるというあたり、その実力は劇団から期待されるものだったことが分かりますね。

さらに、『ノバ・ボサノバ』のビーナス役ではダイナミックなダンスを、『ロミオとジュリエット』愛役では繊細なダンスで観客の目を引き付けました。

本公演では、ダンサーのイメージが先行した礼さんですが『オーシャンズ11』ではマイク役に抜擢されます。

マイク役は歌唱力が命!

要所要所で、礼さんの伸びやかなな歌声が劇場中に響きました。

このあたりから、一気に知名度が上がっていったように思います。




新人公演時代

新人公演では主演を3回務め、「新人公演とは思えない」という観客の声が多かったようで、いずれも高い評価を得ています。

『ロミオとジュリエット』で新人公演初主演を果たす礼さんですが、本公演で再び愛役を演じることになります。

礼さんは「この役でダンスを嫌いになったこともある」と振り返っていましたが、そのしなやかな動きと繊細な感情表現は高い評価を得ました。

さらに役がわりで演じたベンヴォーリオ役にも挑戦した礼さんは、多くの上級生の中に入り、かなり苦戦したようです。

「歌を嫌いになりかけた」と話していたのもこの公演だったと記憶しています。

『ロミオとジュリエット』は礼さんにとって、大きな試練でもあり、大きく成長させてくれた作品なのかもしれませんね。

さらに『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯に』 『黒豹の如く』では歌唱力、大人の役に挑戦し、実力を高めていったように思います。

https://twitter.com/star_minam/status/936931343987916800




番手時代

番手がついてからの礼さんの活躍は目ざましいものがありました。

『ガイズ&ドールズ』のアデレイド役では男役だからこそできる女役でありながら、とてもキュートで話題になりました。

紅ゆずるさんがトップに就任してからは2番手としてさらにその存在感は増し『スカーレット・ピンパーネル』のショーヴラン役では「かわいらしいことちゃんで大丈夫かな?」というファンの思いを覆す好演でした。

『霧深きエルベのほとり』のフロリアン役では紳士を演じきり、『GOD OF STARS』ではコメディ要素たっぷりのリー・ロンロン役で演技の幅をぐっと広げたのではないでしょうか。




礼真琴のダンスの評判

さて、礼さんのダンスについてファンはどのように感じているのでしょうか。

ここからは、礼さんの「ここがすごい!」というファンの声を見ていくことにしましょう。

ダンスだけではなく、3拍子すべてへの驚嘆の声が多いですね。

最後にわたくし、きりん。も推しの『ESTRELLAS』での礼さんのダンスシーンでは、その身体能力をまざまざと見せつけられました。

踊りながらあれだけ声がぶれない人を初めて見ました・・・。

https://twitter.com/miu_miu2019/status/1167300157840355329




礼真琴の歌唱力の評判

続いて歌唱力についても見てみたいと思います。

https://twitter.com/ARMYJUN116asami/status/1128216426848763904

礼さんの歌唱力は、聞いていてスカッとする雑味がないところがわたくし、きりん。も大好きです。

あの爆発的な声量と低音の伸びが心地よいんですよね。

トップ2作目の本公演となる『ロミオとジュリエット』がいまから、楽しみです。




まとめ

ここまで礼真琴さんのダンスや歌の実力、そして評判について見てきました。

まとめると・・・

◆礼真琴は95期首席の星組トップスター

◆音楽学校時代を含め、同期にも一目を置かれる存在だった。

◆入団後は、下級生ながらCDのソロや多くの公演で見せ場のある役に抜擢されることが多く、期待される存在だったことが分かる。

◆『ロミオとジュリエット』は礼さんが苦戦しながらも成長したターニングポイントとなる作品と言えるだろう。

◆ダンス、歌唱力への高い評価は圧倒的とも言える。

◆トップ就任2作目の『ロミオとジュリエット』に期待!

礼真琴「Energy PREMIUM SERIES」【Blu-ray】 [ 礼真琴 ]

価格:16,500円
(2020/1/30 10:12時点)
感想(0件)

きりん。
きりん。
宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪
ランキングに参加中です♪ にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村